正規ディーラーとは…

 日本では、国産・輸入車を問わず、基本的にはメーカーごとの販売制度になっています。また、輸入車の場合は、正規ものと並行車があります。この違いのポイントは、日本の正規輸入元を通して入れられたものかどうかです。並行車は本国メーカーから、正規店以外の業者や個人が直接輸入したもの。だから説明書は日本語でなく、ハンドルや速度表記も現地のままです。

 一番の違いは新車保証。昨今の輸入車は、正規ディーラーで販売するクルマは3年間の保証があります。確かに円高の時は海外で直接買った方が安いですが、並行車はディーラーでの保証はもちろん通常の整備も受けられません。時計にも正規販売と並行輸入があります。量販店やディスカウント店で売られているのは並行もの。クルマと違いその差は、正規輸入元を通って輸入されたか否かで原則製品は同じ。一方、ハンドルを右に付け替え、エアコンやワイパー、ミッションを日本仕様になど、クルマの正規輸入品は大掛かりな仕様変更を受けています。

 ディーラーで買うと、きれいなショウルームでコーヒーなどのもてなしを受けられるメリットや、新型車が出ればいち早く見ることはもちろん、試乗もさせてもらえ、時には来場プレゼントも。点検や修理、車検の時は代車サービスも受けられます。正規のディーラースタッフは、クルマの知識も豊富で、整備研修も受けています。最近の車は電子制御が進んでいるので、専用のテスターがないと整備ができなくなっています。

 以上のような理由から、新車・中古車問わず、輸入車を買うなら正規ディーラーがお勧め。クルマは精密な機械。決して買っておしまいではありませんから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
And CAR 広島について

輸入車ディーラーのことやメンテナンスメニューのことなど、クルマのことなら何でもご相談ください。
概算見積りも、ディーラーに問い合わせることなく、メールで依頼ができるので簡単・便利!
AndCAR広島のサービスや情報に納得したら、お気に入りのクルマを契約。車検や保証のことなど、買ったあともフォロー。
皆さまの より良いカーライフをサポートします。